PRIVACY POLICY 個人情報保護方針

当社は、個人情報の保護に関する法律、個人情報の保護に関する法律施行令等を尊重・遵守し、個人情報の適正な取扱いと保護に努めます。

なお、EU一般データ保護規則(GDPR)が適用される欧州経済領域(EEA)域内のお客様の個人データの適正な取扱いについては、下記の「EEA域内のお客様についての特則」が適用されます。

USAGE 個人情報の利用目的

当社では以下の場合、お客様の個人情報を利用させていただきます。

  1. 当社及び東京建物グループ(※1)の運営する施設における顧客動向の分析及び新商品開発等の調査分析
  2. 当社及び東京建物グループ(※1)の運営する施設における各種サービスの提供
  3. 当社及び東京建物グループ(※1)の運営する施設、提供するサービスにおける営業活動(※2)
  4. 当社及び東京建物グループ(※1)の運営する施設における顧客満足度等のアンケート調査の案内(※2)
  5. 当社及び東京建物グループ(※1)への来訪者の確認及び来訪者への対応内容の記録
    但し、個人情報の提供に際して、本ページ記載の利用目的とは異なる利用目的が情報主体ご本人に通知又は明示された場合は、
    その利用目的が本ページ記載の利用目的に優先します。
  • (※1) 東京建物(株)、東京建物不動産販売(株)等
  • (※2) 各種案内・営業活動は、訪問、はがき・ダイレクトメールの送付、電話、電子メールの送信等の方法で行います。

DISLOSE OR PROVIDE 個人情報の第三者への開示・提供

当社では以下の場合を除いて、第三者に個人情報を開示・提供することはありません。

  1. 本人の同意を得ている場合
  2. 法令に基づく場合
  3. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要があり、個人情報の開示・提供について本人の同意を得ることが困難な場合
  4. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のため必要があり、本人の同意を得ることが困難な場合
  5. 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要があり、
    個人情報の開示・提供について本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

CONTACT US 個人情報に関するお問い合わせ

ご提供された個人情報に対する質問や開示、訂正、利用停止等の請求については、次の連絡先までお問合せ下さい。
開示、訂正、利用停止等に必要な所定の手続などをご案内します。但し、内容によってはご要望に応じられない場合があります。

会社・ホテル名 電話番号
レジーナ
河口湖
0555-20-9000
東京建物リゾート
株式会社
03-3274-0865

ALLERGIES 食物アレルギー対応基本方針

1.目的当社は、食物アレルギー対応の重要性および当社の品質安全方針を踏まえ、お客様の安全を最優先とし、お客様に最良のサービスをご提供する観点から、「食物アレルギー対応基本方針」を定めます。

2.食物アレルギーについて食物アレルギーについては、特定の食品にアレルギー反応を示す方がおられ、時に、重篤な症状を起こすことが知られています。
わが国においては、法令により食品に以下の7品目を使用した場合に製造者に表示義務が課せられ、また20品目については、表示推奨となっています(※)。

(※)食品表示法で定められたアレルゲン
特定原材料7品目:製造者に表示義務あり。
えび・かに・小麦・そば・卵・乳・落花生
特定原材料に準ずる20品目:製造者に表示を推奨しているもの(表示義務ではない)
あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、
まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

3.当社の基本的な考え方食品表示法でアレルゲンの表示義務のある製造者は、当社にとっては食材等の仕入先にあたります。
弊社においては、お客様に以下の点につきご理解をいただいた上、可能な限り仕入先からの情報を入手し、食物アレルギーを持つお客様に食物アレルギー対応メニューをご提供することを基本方針としています。

  1. 食物アレルギー対応の重要性、法令による表示義務等を踏まえ、食物アレルギーのお客様には食物アレルギー対応メニュー(専用メニュー)のみをご提供させていただき、他のメニューのご提供は控えさせていただきます。
  2. 当社の提供する食物アレルギー対応メニューは、仕入先からのアレルゲン情報に基づき、可能な限りアレルゲンの除去に努めます。
    しかしながら、上記「2.食物アレルギーについて」のとおり7品目は表示義務があるものの、20品目は表示推奨、それ以外の品目には表示推奨もないことから、アレルゲンの完全な把握は困難です。
  3. 調理においても細心の注意を払いますが、一般のメニューと同じ厨房で調理するため、食材保管、調理器具、食器、空気等から微量にアレルゲンが混入する場合があり、アレルゲンの完全な除去は困難です。

弊社では、上記の考え方についてお客様に開示するとともに、ご予約時等に各施設から本基本方針についてご案内を行い、ご理解をいただくよう努めてまいります。

4.食物アレルギー対応メニューについて

  1. メニューの構成について
    ① 7品目対応メニュー
    食品表示法で表示が義務付けられたアレルゲン7品目すべてについて、可能な限り除去した食物アレルギー対応メニュー(7品目対応メニュー)をご提供いたします。

    ② 20品目等対応メニュー
    食品表示法で表示推奨の20品目を含めて、表示義務のある7品目以外のアレルゲンへの対応については、7品目対応メニューからお客様にお申し出いただいた食材を除外することで、対応させていただきます。
  2. お客様におかれましては、「3.当社の基本的な考え方」に記載しましたとおり、アレルゲンの完全な除去は困難であることをご理解いただき、食物アレルギー対応メニューをお申込みいただきたく、重ねてお願いいたします。
    特に、深刻なアレルギー症状をお持ちのお客様につきましては、事前に医師とご相談の上、お申込みいただきますようお願い申し上げます。
  3. なお、食物アレルギー対応の重要性に鑑み、食物アレルギー対応メニューご注文時に、お客様の状況について何点か必要事項の確認をさせていただきますことにご理解を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

■食物アレルギーに関する個人情報の取得

食物アレルギー対応メニューをご希望のお客様へは、事前にアレルゲンとして除去が必要な食材名、食物アレルギーの症状について、web、FAX、お電話等、適切な方法により取得いたします。
※お客様より取得した個人情報は、食物アレルギー対応メニューのご提供および万一当社施設にてお客様に食物アレルギー症状が出られた場合の医療機関等への連絡・提供以外の目的には使用いたしません。

■食物アレルギーに関する個人情報の確認

食物アレルギーに関する個人情報につきましては、ご来館時にお客様と当社スタッフにより相互にご確認いただき、レストラン等をご利用いただく際にも、お名前、メニューをご確認した上で、食物アレルギー対応メニューをご提供いたします。

FOR EEA GUESTS EEA域内のお客様についての特則

東京建物リゾート株式会社(以下「当社」といいます。当社の連絡先については下記9をご確認ください。)は、当社が運営するホテルレジーナ河口湖(以下「当ホテル」といいます。)における、EU一般データ保護規則(以下「GDPR」といいます。)が適用されるお客様(以下「お客様」といいます。)の個人データを、GDPRに従って、以下のとおり処理しています。

1.適用範囲以下の記載(以下「本特則」といいます。)は、GDPR第3条第2項(a)に基づきGDPRが適用される、欧州経済領域(以下「EEA」といいます。)域内のお客様の個人データであって、当社が管理者(GDPR第4条第7号に定める、個人データの処理の目的及び方法を決定する者をいいます。)として処理する個人データの処理について適用されます。

2.処理されるお客様の個人データの種類及び処理の法的根拠以下の記載(以下「本特則」といいます。)は、GDPR第3条第2項(a)に基づきGDPRが適用される、欧州経済領域(以下「EEA」といいます。)域内のお客様の個人データであって、当社が管理者(GDPR第4条第7号に定める、個人データの処理の目的及び方法を決定する者をいいます。)として処理する個人データの処理について適用されます。

当社が処理する
お客様の個人データの種類
氏名、性別、電話番号、e-mailアドレス、郵便番号、住所、生年月日、旅券及びビザに関する情報、セキュリティに関する情報(入退館履歴、当ホテル内の監視カメラにより撮影される映像情報等)、お客様からのご希望に対応するための情報(健康状態に関する情報、宗教上の信条に関する情報等)、ご宿泊履歴、決済に関する情報等
  1. お客様との契約の履行のため(又は契約締結前にお客様のご要望に対応するため)に処理が必要となる場合
    (a) 当ホテルの宿泊サービスの提供のため
    (b) その他当社が当ホテルにおいて提供するサービスの提供のため
  2. 当社又は第三者の正当な利益の目的のために処理が必要となる場合
    (a) 顧客動向の分析及び新商品開発等の調査分析による当社サービスの改善のため
    (b) 当社及び当ホテルへの来訪者管理その他の当社の業務管理のため
    (c) 訴訟その他の紛争において当社の法的な主張を行うため
    (d) お客様のご要望に従い、運送、アクティビティ等第三者が提供するサービスの手配を行うため
  3. 当社が服する法的義務を遵守するために処理が必要となる場合
    (a) 行政当局への申請、届出等の行政手続のため
    (b) 当社に適用される法令に基づき、行政当局又は司法当局から提出を求められた場合に、これに従うため
    (c) その他法令上当社に要求される処理を行うため
  4. お客様から事前に同意をいただいた場合
    当社は、上記の法的根拠に該当しない場合であっても、特定の個人データの処理についてお客様から事前に同意をいただいた場合は、お客様の上記の個人データを処理します。
    なお、お客様は、当社が別途定める方法により当社に連絡することで、いつでも同意を撤回することができます。ただし、撤回前の同意に基づく処理の適法性は、同意を撤回されたことによる影響を受けません。

    お客様は、当社に個人データを提供する義務を負うものではありませんが、上記の種類の個人データの全部又は一部をご提供いただけない場合、当社との契約を締結できない場合、または、当社からサービスをご提供できない場合があります。

3.個人データの取得元当社は、お客様の個人データを、お客様ご自身から直接ご提供いただくほか、主に以下のような第三者から取得することがあります。

  1. お客様がご利用される旅行代理店
  2. お客様がご利用されるオンライン旅行予約エージェント

4.個人データの保存期間当社は、お客様の個人データを、お客様に対する当社のサービスの提供に必要な期間保存します。具体的な保存期間は、個人データの処理の目的との関係での必要性、個人データの性質その他の事情を考慮して決定されます。
この保存期間は、当社に適用される法令により要求される場合は、延長又は短縮される場合があります。

5.第三者への個人データの開示・提供当社は、上記2の目的のため、主に以下のような第三者に対し、お客様の個人データを開示・提供することがあります。

  1. 東京建物グループの各グループ会社
  2. 当社が個人データの処理を委託する、サービスベンダー等の委託先事業者
  3. お客様がご利用される旅行代理店
  4. お客様がご利用されるオンライン旅行予約エージェント
  5. お客様がご利用されるクレジットカード会社
  6. お客様のご要望に従い、お客様に運送、アクティビティ等のサービスを提供する事業者

6.個人データの域外移転当社による個人データの処理に伴い、上記2の目的のため、お客様の個人データは、EEA域外の国及び地域に移転することがあります。当社は、日本その他のGDPR第45条に基づく十分性認定を受けた国及び地域以外にお客様の個人データを移転する場合は、個人データの移転先との間で欧州委員会により承認された標準契約条項を締結することその他の方法により、適切な保護措置を設けます。お客様が標準契約条項その他の適切な保護措置に関する文書の写しをご希望される場合は、下記9の連絡先までご連絡ください。

7.お客様の権利お客様は、当社が取得し処理するお客様の個人データについて、以下の権利を有しています。

  1. 個人データへのアクセス権
    お客様は、GDPR第15条において定められる、お客様の個人データの処理が行われているか否かについて当社に確認を求める権利を有します。また、個人データの処理が行われている場合、お客様は、その個人データ及び同条において定められる一定の情報にアクセスする権利を有します。
  2. 個人データの訂正権
    お客様は、当社に対し、GDPR第16条において定められる、お客様の個人データが不正確な場合にこれを不当な遅滞なく訂正するよう求める権利、および、お客様の個人データが不完全な場合にこれを完全なものとさせる権利を有します。
  3. 個人データの消去権
    お客様は、GDPR第17条において定められる一定の要件を充たす場合、当社に対して、不当な遅滞なくお客様の個人データを消去するよう求める権利を有します。
  4. 個人データの処理の制限
    お客様は、GDPR第18条において定められる一定の要件を充たす場合、当社に対して、お客様の個人データの処理を制限するよう求める権利を有します。
  5. データポータビリティの権利
    お客様は、GDPR第20条において定められる一定の要件を充たす場合、当社が処理するお客様の個人データを、構造化され、一般的に利用される、機械可読性のある形式で受け取る権利を有します。また、お客様は、受け取ったお客様の個人データを、当社から妨げられることなく、別の管理者に対して移行する権利を有します。
  6. 異議を述べる権利
    お客様は、当社によるお客様の個人データの処理のうち、GDPR第21条において定められる一定の個人データの処理について異議を述べる権利を有します。お客様が異議を述べた場合、当社は、同条において定められる一定の要件を充たすときは、お客様の当該個人データの処理を中止するものとします。
  7. 「自動化された意思決定」の対象とされない権利
    お客様は、GDPR第22条において定められる、お客様に対する法的効果を発生させる、または、お客様に対してこれと同様の重大な影響をもたらす、自動化されたデータ処理のみに基づいた決定(プロファイリングを含みます。)の対象とされない権利を有します。

    お客様が当社に対して上記の権利を行使する場合は、下記9の連絡先までご連絡ください。
    お客様から権利行使に関するご連絡を受けた場合、当社は、不当な遅滞なく必要な調査を行い、ご連絡に対する対応を行います。

    お客様は、当社によるお客様の個人データの処理について、個人データ処理の監督機関に対し異議を申し立てることができます。

8.個人データ処理の変更当社は、上記2の目的その他のお客様の個人データの処理に関する事項を変更する場合は、変更後の目的その他の必要な事項を、変更後の本特則の公表または個別の連絡その他の方法により、事前にお客様に通知いたします。

9.連絡先お客様の個人データの処理に関する当社へのお問い合わせ、権利の行使その他のご連絡は、当社の以下の連絡先までご連絡ください。

個人データの管理者 商号 東京建物リゾート株式会社
連絡先 〒401-0301
山梨県南都留郡富士河口湖町船津5239-1
ホテルレジーナ河口湖 個人データ管理担当者
kawaguchiko@regina-resorts.com
0555-20-9000

以上

2020年1月1日制定

CLOSE

확인사항Details

확인

지금부터 예약을 완료를 위해 외부 예약 사이트로 이동합니다.(JAPANICAN)
동의하실 경우에는 체크박스에 체크 후, 아래의 링크를 클릭해주십시오.

주의사항

  • 링크된 사이트(JAPANICAN)는, 호텔 레지나 카와구치코의 관리 사이트가 아닙니다.
  • 사이트 주소는 변경되는 경우도 있습니다.
  • 링크된 사이트에 관한 사항은 링크 사이트의 관리자에게 문의해주십시오.